交通事故による慰謝料で損をしないための方法について

交通事故により被ってしまった精神的苦痛に対する賠償の事を、慰謝料と言います。

これは、怪我の治療による通院の日数を元に、法律で定められた計算式に当てはめて算出されます。

交通事故による慰謝料には、交通事故によって後遺障害が残ってしまった場合の精神的苦痛による損害である後遺障害慰謝料と、交通事故によって入院や通院を必要と判断された場合に、被害者がこの入通院によってもたらす精神的損害である入通院慰謝料の2種類に分けられます。

後者の方は、示談までの間にトラブルが多いため、入通院が必要とされた日数や怪我の部位や大きさなどによって算出される計算方法が定められ、その計算式に沿って決められるようになりました。計算方法には、自賠責基準と任意保険基準と弁護士基準の3つの基準があります。

魅力の高いブログに関する問題解決をサポートいたします。

自賠責基準は、保険会社が支払う全ての額が120万円を超えない場合に適用されます。



任意保険基準は、保険会社が支払う全ての額が120万円を超えた場合に適用されます。
それらで納得出来ない場合は、保険会社と交渉して弁護士基準で請求を行う方法があります。


弁護士基準で請求をする場合のメリットとしては、慰謝料以外の休業損害などの交渉を行う際に被害者が保険会社に対して掛け合ったとしても、なかなか受け入れてもらえません。

しかし弁護士をつける事により、保険会社も仕方なく応じるケースが多いです。

弁護士をつける事で保険会社に強気で請求を行う事が出来るという事です。

交通事故の慰謝料の最新情報を公開しています。